ブログ

2017.04.02

赤ちゃんは真っ直ぐ育てる

世の中の子育ての常識や、当たり前…

 

私が学んだ事とは

かなり違った考え方です。

 

 

 

今日は、私が納得して

実践してみようと

思った事をまとめてみます。

 

 

まずは、【足育】

 

足をしっかり育てる事は基本であり

体を真っ直ぐに育てる事から始めると

色んな物が真っ直ぐになる。

 

 

産まれたての赤ちゃんの頃は、

丸まってる手足の関節や手や足を

撫でる様に伸ばします。

 

力が入った状態だと赤ちゃん自体も

苦しく、しんどいので

力を抜いたりリラックスできる様に

伸ばします。

 

 

 

足の指の付け根を触って
ぐー、パーさせる

バビスキン反射を使って↑

 

ギュッと丸めてる足の指を

運動させたり、撫でたりして

足の観察を毎日する。

 

 

 

 

 

 

色んな所を歩かせよう!!

ファーストシューズ選び↓

甲の高さを調整
つま先は広く、厚みがあること
つま先が少し反り上がり
かかと部分しっかり
足が曲がる位置で靴も曲がる
適度の弾力の厚底
中敷をして外してサイズ合わせも大事です。
つま先ちょんちょんじゃなくて
かかとをトントンさす
それから、ベルトをさす

 

長靴は、履き物としては良くありません。

 

 

足の裏を毎日マッサージしてたら
子供がぐずったりする時は

足の裏が硬くなるらしいです。

 

 

親子のコミニュケーションとしても

使いたいなと思いました(о´∀`о)

 
硬くなった子は、

ほぐしにくくなりますが

毎日してると、2、3日しなくても

またすぐに柔らかくなる。
しんどくなると本人から

揉んでほしいって言ってくるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
真っ直ぐな姿勢で寝かせ、寝返り

おすわり、歩き。
正しい靴をはかせると

歩くの大好きになる。
抱き癖が赤ちゃんに付くので
縦抱きにする。
横抱きにしても左右に偏らせない

 

 

フルフラットになる
チャイルドシート、ベビーカー

を選びます。アップリカなど…

 

 

 

産まれたての時は から
タオルを両脇丸めて枕にする
向き癖を抑える為に…

 

右を見る癖や左を見る癖をつけないように。

 

 

 

 

おすわりが自分で出来るようになるまで

赤ちゃん用の椅子は使わない。

座る筋肉が無いのに、

椅子にもたれて座る癖を付けてしまうと

変な形の癖を作ります!

自分でしっかり座れるようにする!!

 

 

 
歩けない状態で歩行器は使わない
手を掴んで、歩かす練習をさせない
やれない事は無理にさせない。
やれる事をサポートする!

そして…毎日足揉みをして、
ベビーマッサージして
褒めてあげる

 
左右に癖を付けずに、

真っ直ぐに物を見たり、

真っ直ぐに動ける体つくりをしてあげる。
苦手な方を使わせるように。
手を伸ばしたり…

 

 

体を真っ直ぐにしないと

呼吸が浅くなるみたいです。

 

 

 

 

足が上がったまま寝てたり
左右に歪み癖があると

 

うなったり、泣き止まない、機嫌悪い。
そうやってママに訴える。

 

 
緩むからだ作り
頑張るとこは、勝手にするから

 

緩ませてあげる事が大事。

 

 

 

こんな事を、勉強してみます。

 

 

赤ちゃんの真っ直ぐに育て方…

などを教えてくれる信頼出来る

整体や助産師の先生など

ご紹介出来ますので。

 

 

気になるかたは、ご連絡ください❤︎

 

 

我が家で施術や講演をして頂いてます!

 

 

 

 

 
自分が産まれてきたビデオ見たら、
自己肯定感が育つらしいので…

ビデオ撮影しようなかな。笑