ブログ

2018.02.02

食品添加物①

今日から添加物のお話をシリーズで

お届けして行きたいと思います^ ^

 

 

 

安倍司さんから直接学ばせて頂いた内容を

参考に書かせて頂きます。

 

 

 

みなさん、添加物のイメージはどうですか?

どんな物に使用されているかご存知ですか?

 

 

例えば(゚∀゚)

皆さんがスーパーやコンビニ、

お弁当屋さんのお弁当、、、

裏面を見た事ありますか?

マヨネーズやケチャップが使われていても

マヨネーズなんて表記がない事を

不思議に感じた事のある方は

どれだけいるでしょうか?

 

 

 

半固体状ドレッシング、

ドレッシングなどとゆう表記で添加物で

マヨネーズ味を作っているからです。

 

 

マヨネーズは油、お酢、卵黄で

出来ていますがコストをかけたくないので

乳化剤などで作られています。

 

 

 

要は世の中の食べ物は、いかにして

本来の原料より安い食材に置き換えて

コストを下げるか?

 

 

どこまで安く作れるか?を目的に

作られています。

 

 

どちらを選ぶかは個人の自由だと思います。

 

 

 

それを知って食べるか、知らずに食べるかは

雲泥の差があるでしょう。

 

 

子供は小さい時は、親が選んだ食べ物を

毎日食べます。

 

ラベルを見て、

『聞いたことない材料が入っているけど、これはなんだろうか?』

『何でこんなに日持ちするんだろう?』

『何でこんな安い値段で販売できるんだろう…』

 

 

 

そんな、素朴な疑問。

 

 

そんな感性を持って頂けるような

シリーズにしたいと思います(*⁰▿⁰*)

 

 

 

 

さて今日は、コーヒーフレッシュの話。

喫茶店やファーストフード、自宅でも

使用されてる方も多いかもしれません。

小さなプラスチックの容器に入ったミルク。

『何で無料?』『何で腐らない?』

素朴な疑問湧いてきませんか?

混ざるはずない水と植物油を混ぜる為の《乳化剤》複数の《増粘多糖類》

《香料》《着色料》《日持ち向上剤》で作られています。

 

 

材料は油、水、添加物です。

みなさん、ご存知でしたか?

知ったあなたは今、何を感じていますか?

次回は、カロリーハーフってなんの事?