ブログ

2016.01.02

2016年♡






上へ、上へとのぼりつづけるときいくつかのことを「見なく」なってしまうものなのかもしれない。




仕事や勉強に打ち込みすぎて身体を壊し、結果を出す前に体か、心が倒れてしまうといったような…



結果を出すためにもっとも大事な「体調」のことが「上」しか見つめなかったために、見えなくなってしまうなど(^_^;)


高みを目指す事は楽しく、魅力的で、力が出ますが。しっかり足元をみて、自分の体調はもちろんパートナーの体調や心。そうゆう根本的に一番大事な事をしっかりと見て行きたいなと…今年に入り2日目の今日、ふと思いました。







野菜には、アクの強いものや苦みのキツイものがあります。果物には、皮や種を取らないと食べられないもの!ちょっと食べにくい形をしたものなどがあり…


毒のあるもの、食べるところがちょこっとしかないもの、カロリーが高すぎるもの、下ごしらえが大変なもの、育てるにはコストがかかるものなど、食べものとなる動植物には、さまざまな「問題」を抱えたものがたくさんあります。



そういう動植物を前にして「おいしいところだけならいいのに」「面倒くさいところは、いらないのに」と思ってしまうこともあります。


でも、そうした「食べるには面倒くさいところ」こそがおいしさや栄養の土台となっていて、私たちは間接的に、その恩恵を受けている場合も、たくさんあります。


人間の生き方や活動にもたぶんそんなところがあるのではないかと思います。




「面倒なところは切り捨てて、いいところだけで生きたい」という考え方こそが、さっきの話のように…


「頑張りすぎて体調のことを忘れて、身体を壊す」「パートナーに寂しい思いや、周りにいる人に負担をかけたり」とゆうような、問題が生まれてしまうのかな?と。



自分の中には実際、たくさんの「面倒なこと」があって、身体的な制約もその一つで。

どんなに寝ないで頑張りたくても眠らないでは機能しない「限界」がある。


これは、調理しな
ければ外せないアクにも似てて、
人間にとっての「アク」や「毒」には、
身体的な条件だけでなく、さまざまなものがあり…考え方や感じ方、価値観なども場合によっては「面倒なこと」となる場合もある。


でも、もともと「アク」や「毒」はその植物を守る働きをしているので、フグの毒も、フグ自身を守るためのものであってその毒がなければ、釣り上げられる前にそもそも、死んでしまっていたかもしれない。


今年は、もっと上を目指して歩いて行きたいと思っていますが…


人間的な成長を怠らず。本当に大切なものをしっかりと大切に出来るように。この1年過ごして行こうと思います(((o(*゚▽゚*)o)))



今年は、キッチンやお庭ができ…農業の幅も増やし、私達の住む奈良の山が最高の場所へと更に変化して行きます。

ぜひみなさん、遊びに来てください♡♡♡
(((o(*゚▽゚*)o)))


夫婦共々、全力で楽しく生きていきます。皆様今年もよろしくお願い致します。


{5D293EE3-0153-456B-8768-31B0BE919564:01}